新しい機器を導入しました!

イラスト

こんにちは。大垣市の歯医者さん、おおた歯科クリニック院長の太田雅司です。

おおた歯科クリニックは、むし歯、歯周病、義歯(入れ歯)などの治療はもちろん、予防的治療、審美的治療などにも力を入れています。

しばらく前から、新しい機器を導入しています。消毒、滅菌に関する機器と、麻酔時の痛みを減らす注射器です。

 

 

一つ目は、アネジェクトIIというコンピューター制御のコードレス電動注射器になります。

 

注入速度、注入圧力をコンピューター制御

注入速度、注入圧力をコンピューターが自動的にコントロールすることで痛みを抑えることができます。従来より注射時間も短縮されています。

麻酔は、針が痛いイメージがあるかと思います。しかし、実際は麻酔の液が入る時の圧が強いと痛みを感じます。

この麻酔液の注入圧力をコンピューターが自動的にコントロールすることで痛みを少なくすることができます

 

また、注入速度を維持するために、組織の硬さ(麻酔をする部位)に合わせて注入圧力は自動的に変化します。

以前もコンピューター制御のコードレス電動注射器でしたが、アネジェクトIIは、より痛みの少ない物になっております。

 

もちろん、今まで通りの麻酔の前の麻酔(表面麻酔)も行います。

また寒い時期になってきたため、麻酔液カートリッジウォーマーのカプリも使用しております。

麻酔カートリッジウォーマー

麻酔時、麻酔液の温度は痛みに直結します。麻酔液カートリッジウォーマーのカプリは、カートリッジ麻酔液を、最も痛みが少ないといわれる37℃に温め、保温します。冬場、冷えた麻酔液で麻酔をすると、とても痛く感じてしまいます。

37℃に温めた麻酔液、麻酔前の麻酔である表面麻酔、コンピューター制御のコードレス電動注射器により、治療前の麻酔の痛みを減らすよう心がけております。

その他の痛みを減らすための方法は以下を参考にしてください。

痛くない治療の為に!

 

2つ目は、高圧蒸気滅菌器のスマートクレーブになります。

 

治療にて使用した器具は、高圧蒸気滅菌器にて滅菌を行います。高圧蒸気滅菌器をさらに1台増やし、診療をスムーズに行えるようにいたしました。

 

歯科口腔外科、小児歯科、むし歯予防、歯周病予防、審美的治療、マタニティ検診、ホワイトニング、セラミック

女医、女性歯科医師、バリアフリー、キッズスペース、完全個室あり、ファミリールーム(キッズスペース付き診療室)あり

大垣市の歯医者さん おおた歯科クリニック
0584-75-3200
webでのご予約はこちらからどうぞ
Instagram

Facebook