診察台を新しくしました!診察台の裏側!?

イラスト

こんにちは。大垣市の歯医者さん、おおた歯科クリニック院長の太田雅司です。

先日の休診日に一番奥にあった診察台を新しくしました。一台のみ、以前の診療所から使っていた診察台でしたが、これですべての診察台が新しくなりました。

診察台(歯科関係者はチェアやユニットと呼びます)は、毎日使うものですが、その中は私たちもあまり見る機会はありません。

みなさんもチェアに座る機会はあっても、中をみる機会はないと思います。

いくつか画像がありますので、みなさんが診療を受けるチェアの裏側、ぜひご覧ください!

 

 

カバーをはずすと、チェアの中は機械だらけで、車に近い雰囲気です。またチェアの中も、チェアの下(床下)も実は配線だらけです。とても精密な機械なんです。

昔と違い、PCでの治療説明などがあるため、PC関係だけでも、説明用のモニターから電源ケーブル、映像ケーブル、タッチパネルのケーブル、口腔内カメラのケーブルが、そして本体からももう一つのモニターへのケーブルや電源と配線だらけです。

 

特に床下は、各チェアから排水、給水、電源、LAN、HDMI、など配線だらけで、設計士さんも建築屋さんにも「歯医者は大変」と言われることが多いです。おおた歯科クリニックも設計士さん、建築屋さん、PC関係の方など配線の関係だけでも5つ程の業者さんで打ち合わせをしていただき、いろいろお力を貸していただきました。

以前のチェアは、下の画像のうすい紫のものでした。

 

新しいチェアは、ふっかふかシートを採用しており、本当に座り心地がいいです。
また、歯石のお掃除をする超音波スケーラーも進化をしており、以前のものより響く感じが優しく痛みがないと、患者さまより嬉しい声も届いています。ぜひお試しください。

下の画像は設置途中で、まだ座面を付ける前ですが、背もたれはふっかふかのシートがつけてあります。

 

 

また、おかげさまで新しい医院になってから一年が経ちました。スタッフに感謝の気持ちを込めて、一周年記念の日にケーキをプレゼントしました。

 

スタッフ、患者さまみなさまのおかげと思っております。本当にありがとうございます。

今後も皆様の健康と、地域医療のために、日々邁進してまいりますので、よろしくお願い致します。

 

みなさまの歯と健康を守る為、納得の治療を受けていただく為、治療技術の研鑽はもちろん、治療内容と治療方針の説明にも力を入れております。

歯科口腔外科、小児歯科、予防歯科、マタニティ歯科

女医、女性歯科医師、バリアフリー、キッズスペース、完全個室、ファミリールーム完備

大垣市の歯医者さん おおた歯科クリニック
0584-75-3200
webでのご予約はこちらからどうぞ
Instagram

Facebook