歯のエナメル質を修復、世界初成功

イラスト

こんにちは。大垣市の歯医者さん、おおた歯科クリニック院長の太田雅司です。

中国の研究チームが、歯の一番外側の組織であるエナメル質の修復に、世界で初めて成功したとニュースになりました。

国際歯科連盟(FDI)によると、未治療のむし歯がある人は世界で39億人と、世界人口の44%を占めています。歯冠を覆うエナメル質は、体内で最も硬い組織だが、自己修復力はなく、複雑な構造ゆえ、人工的に複製できないものだと考えられてきました。

しかし、歯のエナメル質を修復できるジェル状の素材が世界で初めて開発されました。

 

 

■ 48時間で、厚さ2.5マイクロメートルのエナメル層を修復

中国の浙江大学の唐睿康教授らの研究チームは、独自に開発したジェル状の素材によって、歯で損傷したエナメル質を48時間以内に修復させることに成功しました。このエナメル層は、天然のエナメル質と同じ階層構造と機械的性質を有してているようです。

2.5マイクロメートルとはどれくらいの厚みでしょうか?

1マイクロメートルは1000分の1ミリメートルです。2.5マイクロメートルとは非常に薄いです。それぐらい歯の再生は難しいです。

よく患者さんに、再生医療で歯の再生はできないの?と聞かれることがあります。なかなか難しく、それゆえに歯の大切さにつながるかと思います。

 

 

■ 2年以内に、ヒトを対象とした臨床実験に……

では、この技術はいつ頃、人に応用されるのでしょうか?

順調にいけば、2年程度で人を対象にした臨床実験に応用されるそうです。厚さも2ミリメートル程度必要なようです。一般的な歯科治療に応用されるのは、まだまだ先になりそうです。

エナメル質の再生に期待しながらも、日々むし歯、歯周病予防にも力をいれていきたいものです。

 

 

中国の研究チームが歯のエナメル質を修復することに世界で初めて成功 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190904-00010004-newsweek-int

 

みなさまの歯と健康を守る為、納得の治療を受けていただく為、治療技術の研鑽はもちろん、治療内容と治療方針の説明にも力を入れております。

歯科口腔外科、小児歯科、予防歯科、審美歯科、マタニティ歯科、ホワイトニング、セラミック

女医、女性歯科医師、バリアフリー、キッズスペース、完全個室、ファミリールーム完備

大垣市の歯医者さん おおた歯科クリニック
0584-75-3200
webでのご予約はこちらからどうぞ
Instagram

Facebook