睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群という病気を御存じでしょうか?
睡眠時無呼吸症候群が原因による交通事故等が一時テレビで大きく取り上げられ、ご存知の方もいるかもしれません。

睡眠中の呼吸停止、いびき、日中の耐え難い眠気、夜間睡眠中に頻繁に目が覚める等が主な症状です。
来院される患者さんの中で、特に気にされているのがいびき、呼吸停止です。

これらのことは、スリープスプリントというマウスピースのような装置を睡眠時に装着するだけで解決できます。
睡眠時無呼吸症候群と診断された方には、健康保険が適応されます。

スリープスプリント

太田歯科クリニックでは、大学病院で睡眠時無呼吸症候群を専門で治療していた歯科医もおり、非常に多くのスリープスプリントを作製した実績があります。

 

 

 

痛みがないので意識しにくいですが、過度のいびき、呼吸停止は不眠症と同じ睡眠異常という病気に分類されています。(睡眠障害国際分類、ICDS)
どれもあまり自覚症状がなく、ご自身で気が付くというのは難しいかと思います。
ご家族に指摘されて来院される方がほとんどです。
いびきが習慣化している方は、2000万人と言われています。

いびきは、舌が気道を塞ぎ、せまくなった気道に空気が通る時の音です。
気道が狭くなり、本来必要な空気を取り込めずに、酸素不足になっています。
そのため、睡眠の質が低下してしまい、日中の眠気や集中力の低下へと繋がってしまいます。

正常な睡眠

睡眠時無呼吸症候群

 

睡眠時の症状として、いびき、呼吸停止、頻繁な目覚め、頻繁なトイレ
起床時の症状として、日中の重度の眠気、集中力低下、起床時の頭痛、突然の意識消失、肥満等があります。

睡眠時無呼吸症候群の治療であるスリープスプリントは、舌が気道を塞ぐことを防止します。
そうすると気道の確保がしっかりでき、酸素も充分に取り込めるようになります。

スリープスプリントの一番のメリットは、装置が小さく簡便というところです。
C-PAPという大きな機械での治療は、重度の睡眠時無呼吸症候群の治療が可能ですが、大きな機械を借りる費用、鼻と口を覆う大きなマスク、口の中がカラカラに乾燥するなどの難点もあります。

いびきを気にされている患者さんの中には、大人数での旅行でいびきを聞かれたくないという方もみえます。
家族にはいいけど、他の方にいびきで迷惑をかけたくないという方が多いです。

旅行に大きな機械をもっていくことはできません。
スリープスプリントなら簡単に携帯することができます。

いびき、呼吸停止、睡眠時無呼吸症候群でお悩みの方は、ぜひご相談ください。
当院の睡眠時無呼吸症候群のページもご参考にしてください。

いびき、睡眠時無呼吸症候群治療
大垣市 太田歯科クリニック