8020よい歯の高齢者表彰式、2019年

イラスト

こんにちは。大垣市の歯医者さん、おおた歯科クリニック院長の太田雅司です。

おおた歯科クリニックは、むし歯、歯周病、義歯(入れ歯)などの治療はもちろん、予防的治療、審美的治療などにも力を入れています。

先日大垣市情報工房にて行われた、令和元年度の8020よい歯の高齢者表彰式に参加してきました。
80歳で歯が20本以上残っているということを、歯科医院にて確認できた方が集まる表彰式になります。

 

 

上の集合写真は8020達成者の方の記念写真撮影になります。

非常に多くの方が達成しており、この集合写真は10グループ以上にわかれて撮影しています。

毎年多くの方が参加し、人数もどんどん増えてきている状況です。
西濃地区で平成三年に80歳になった方の中で、80歳で20本以上歯が残っていた方は数人でした。
今では300人以上の方が、80歳20本以上を達成されています。

一般的には歯が残っている方の方が、健康で元気だと言われています。

 

健康についてのミニセミナーもあります。来場者の方でも、メモを取りながら傾聴していらっしゃるかたもみえました。

80歳で20本歯が残っている方はどれくらいみえると思いますか?

全部で歯は28本(親知らずは数えず)

全国的にも半分以上の方が80歳で20本を達成してきています。

国が行っている平成28年歯科疾患実態調査の結果では、51.2%の方が8020を達成しています。
前回調査の平成23年の結果では40.2%だったため、口腔内の状態が非常によくなってきていることがわかります。

平成5年では、8020達成者は10%程度でした。

 

しかし現状でも、半分近くの方は28本あったうちの8本を失ってしまうということです。

若いうちは、歯を失うことは考えもしないと思いますが、歯を残すための治療をしていかれると安心です。

歯を失う原因第一位は、歯周病です!歯周病は痛みがなく進行し、歯が揺れてきたり、出血や膿がでてきた時というのは、すでに進行してきている状態です。

早めの歯周病治療、症状が出てくる前の治療と予防で、歯を残していきましょう!昔の歯周病治療のイメージで痛みや恐怖心がある方もみえると思いますが、今の歯周病治療は痛みがかなり少ないです。おおた歯科クリニックに来院される患者さんでも、歯周病治療の痛みがなく驚かれる方がたくさんみえます。

歯科医院が久しぶり…という方は、一度ぜひお越しください。

 

歯科口腔外科、小児歯科、むし歯予防、歯周病予防、審美的治療、マタニティ検診、ホワイトニング、セラミック

女医、女性歯科医師、バリアフリー、キッズスペース、完全個室あり、ファミリールーム(キッズスペース付き診療室)あり

大垣市の歯医者さん おおた歯科クリニック
0584-75-3200
webでのご予約はこちらからどうぞ
Instagram

Facebook