映画「笑顔の向こうに」

イラスト

こんにちは。大垣市の歯医者さん、おおた歯科クリニック院長の太田雅司です。

現在公開中の笑顔の向こうにという映画をご存知でしょうか?

被せ物や入れ歯を作る歯科技工士が主人公の映画です。

 

 

主人公は「王子」と呼ばれる歯科技工士で高杉真宙さんが演じ、幼なじみの新人歯科衛生士役を安田聖愛が演じます。

他にはお笑い芸人の木村祐一さんや中山秀征さんなども出演しております。

公益法社団法人日本歯科医師会が全面協力しているということで、なかなか豪華な顔ぶれと評価されていたようです。

 

ストーリー

技術が高く、容姿も端麗で“王子”と呼ばれるほどの若手歯科技工士の大地(高杉真宙)は、新人歯科衛生士として東京郊外のデンタルクリニックで働き始めた幼なじみの真夏(安田聖愛)と偶然再会する。

個性あふれるクリニックの院長(木村祐一)や歯科医師(辻本祐樹)などからの信頼も厚い大地だったが、金沢で歯科技工所を営む父親(池田鉄洋)に手がけた義歯を見せると「だからお前は半人前だ」と否定され、同時期に義歯を提供した患者(丹古母鬼馬二)にも全く合わないと突き返されてしまう。

落ち込んでいる大地を励ましてくれる真夏とも喧嘩をしてしまい…。

患者が真に求めていることを突きつけられた大地が見つめた大切なこととは?(公式サイト抜粋)

 

 

当院にも、「王子」とは呼ばれていないですが歯科技工士が常駐しております。

歯科技工士が常にいる医院は少なく、通常は方を取った模型を技工所に送り、被せや入れ歯を作ってもらいます。

おおた歯科クリニックには、歯科技工士が常にいるため、入れ歯の応急修理などにも対応しております。

 

人前に出る、食事会があるなどご予定がある場合は、差し歯、入れ歯などの完成を早めることも相談いたしますので、お声がけ下さい。

また入れ歯が割れてしまった、入れ歯のバネが折れてしまった、御自身の歯が抜けて入れ歯に歯の継ぎ足しが必要など、ほとんどの場合入れ歯をその場で預かり、すぐに修理を始めます。

常駐の歯科技工士がすぐに修理するため、入れ歯のない期間が短期間で済み、元通り食事が可能です。
残念ながら前歯を抜くことになった場合でも、すぐに入れ歯に歯を足せる(増歯)ため見た目も安心です。

 

みなさまの歯と健康を守る為、納得の治療を受けていただく為、治療技術の研鑽はもちろん、治療内容と治療方針の説明にも力を入れております。

歯科口腔外科、小児歯科、予防歯科、マタニティ歯科

女医、女性歯科医師、バリアフリー、キッズスペース、完全個室、ファミリールーム完備

大垣市の歯医者さん おおた歯科クリニック
0584-75-3200
webでのご予約はこちらからどうぞ
Instagram