岐阜 大垣市の歯科医院 | 歯科口腔外科 ( 親知らずの抜歯 小帯切除 顎関節症 口内炎 口唇ヘルペス 歯周外科 )

医院BLOG
診療案内

自費料金表

大垣市の歯医者さん 太田歯科クリニック / モバイルサイト
岐阜市・大垣市 スタッフ求人・募集案内
リンク集

太田歯科クリニック / 診療案内 / 歯科口腔外科

口内炎!親知らず!顎関節症!総合病院や専門医と連携 安心と信頼の歯科口腔外科
当歯科医院では口腔粘膜の疾患・顎関節症・親知らずの抜歯・歯根のう胞の摘出・小帯切除など
歯科医院でおこなうほとんどの小手術に対応しています。
大垣市民病院や専門医とも連携しており、必要に応じて紹介させていただいております。

歯科口腔外科小手術のご案内

歯根のう胞の摘出
顎の骨の中の歯根の先端部が細菌に侵されると、歯根のう胞という袋状の膿の塊ができることがあります。
軽度な場合は治療で治すことができますが、のう胞が大きい場合は小手術による摘出が必要なことがあります。

歯根のう胞摘出術をおこなった歯は、状態によっては抜歯することもあります。

歯根端切除
歯根のう胞の摘出
根管(歯の根)治療や歯根のう胞の摘出後など、状態によっては歯根の先端部を切除することがあります。これは病原を絶つための最終的ともいえる処置で、歯を残すことを最大の目的におこないます。

その後の状態によっては抜歯することもあります。

埋伏歯の抜歯
埋伏歯の抜歯
症状の軽い親知らずの抜歯はもちろん、普通の歯科医院ではあまりおこなわない骨に埋まった歯(埋伏歯・水平埋伏歯)の抜歯もおこなっています。

歯の一部が歯肉から出た状態の親知らずは、その歯だけでなく周囲の歯にも悪影響を及ぼします。
歯みがきの邪魔になるなどお口の健康を損ねる恐れもあります。
虫歯の原因や歯肉の炎症(智歯周囲炎)などといった周囲への影響を踏まえ抜歯の対象となる場合があります。
小帯切除
小帯切除
唇を上下に指で押し広げると上下の唇それぞれの中央に縦に帯状の筋が見られます。これが小帯です。

乳幼児期の子どもさんに小帯が厚かったり長すぎたりするケースが多く、小帯が歯の間を越え歯ぐきの裏側まで入り込んでしまっている子どもさんも見えます。
この場合、前歯の歯と歯の隙間が大きい正中離開や、発音・言語障害、見た目(審美的)が良くないなどの問題になることがあります。
子どもさんに多いため、経過観察をきちんとして、ある程度の年齢になっても改善されないと判断した場合は小帯付着異常として小帯切除をおこないます。

歯周外科手術
歯周病の原因である歯石やプラークを徹底的に除去しても、歯周炎など進行した歯周病(中等度以上)は治りません。歯周ポケットの深い部分のバイオフィルム(歯垢や歯石)、そして炎症のひどい組織を徹底的に取り除く必要があります。
手術後は傷口が早く治るように傷口をパック(包帯の役目をする薬)で保護します。

歯周外科手術には歯周ポケット掻爬(そうは)術・フラップ手術・歯肉切除術などがあり、症状にあわせておこないます。

顎関節症
顎の関節は左右の耳のすぐ前付近にあります。
顎関節症は、歯並びや咬み合わせの不具合、不適当な咬み癖などが顎関節への負担となって起きる病気で、口が痛くてあけられない・口を開閉するとカクカク音がするなどの症状があります。また関節自体の変形からそういった症状が起きることもあります。

咬み合わせの調節、古いかぶせ物の交換、薬やマウスピースによる治療等をおこないますが、関節自体に原因のある可能性がある場合は、信頼のおける顎関節症専門医を紹介しております。

顎関節症と関節円板
正常な顎関節薄くなった関節円板がさらに圧迫を受けている関節円板と関節面が圧迫され損傷している
TCH(上下の歯の接触癖)
TCHとは、"Tooth Contacting Habit"(上下の歯の接触癖)の略で、長時間持続的に上下の歯を接触させる癖のことです。
強い力のかかる食いしばりや歯ぎしりと違い、接触させている程度のものです。
弱い力ですが長時間続くと、顎関節の痛みや疲労感、咬合痛や違和感、肩こり頭痛などの原因になります。
自覚している方はかなり少なく、実際にしているか意識してみて初めて気が付く方がほとんどです。
無意識で行い癖になっているため、御自身で気付くことは難しいです。

安静時、上下の歯はかみ合わずに2~3mm隙間がある状態が正常です。
口を開けているわけではなく、唇は閉じていますが、歯は噛んでいない状態です。
パソコン、勉強、家事等ストレスのかかる時にしている可能性があります。
虫歯、歯周病、夜間の歯ぎしりもないのに、痛みや違和感のある方はTCHの可能性があります。
行動変容法、リマインダー法を用いて改善を促します。

口内炎
誰もが経験のある口内炎ですが、あの痛みや食事がしにくいといった歯がゆさは辛いものです。
口内炎の原因はさまざまです。
細菌感染や抵抗力の低下、過度なストレスなどが原因で現れたり、咬み合わせの不良や機械的刺激・化学的刺激によって現れる場合もあります。また、ビタミン不足や全身疾患の症状のひとつとして発症する場合もあります。
原因はなかなか特定されていませんが、現在はいくつかの要因が重なることにより発症すると考えられています。

お口の中を消毒・清掃した後に、ステロイド系抗炎症薬の貼薬などをおこないますが、抵抗力の低下や過度なストレスなどが原因と考えられる場合は安静も必要です。
口唇ヘルペス
口唇ヘルペスは唇の周りに赤い水ぶくれができ、かゆみや痛みが生じます。疲れやストレスにより体が弱っている時に決まって繰り返すものです。
原因は単純ヘルペスウイルスです。このウイルスの特徴は最初に感染(初感染)した後、免疫ができても体力の低下や外傷などの機会があれば再発を繰り返すということです。

ヘルペスの症状がおさまっても、ヘルペスウイルスはいなくなったわけではありません。ウイルスは神経細胞にじっと潜み、暴れるチャンスを狙っているのです。現代医学を持ってしても隠れ潜んでいるヘルペスウイルスを退治することは難しく、再発しやすいのです。この点はやっかいな問題です。

治療は抗ウイルス薬が中心となり、一般的には患部に薬を塗ります。
早目に適切な処置をすれば軽い症状のうちに治すことができます。


口唇ヘルペスの症状と治癒
口唇ヘルペスの症状と治癒