岐阜 大垣市の歯科医院 | 保険の入れ歯 自費の入れ歯 ( レジン床 アクリショット床 金属床 ノンクラスプ義歯 マグネットアタッチメント義歯 )

医院BLOG
診療案内

自費料金表

大垣市の歯医者さん 太田歯科クリニック / モバイルサイト
岐阜市・大垣市 スタッフ求人・募集案内
リンク集

太田歯科クリニック / 診療案内 / 義歯・入れ歯

ぴったりな入れ歯、よく噛める入れ歯で楽しい食事と快適ライフ!
入れ歯は快適が一番ですね♪
入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯、そして保険の入れ歯と自費の入れ歯があります。使いかってや求める精度に応じて素材や構造もさまざまです。

当歯科医院では、まず患者様のお悩みやご希望を正確にお聞きし、お口の状態をしっかり診断・診査した上で、どのような入れ歯がお口に合うかご提案いたします。

「歯を失ったからこそよくわかる」
とよく言われますが、歯はただ単に食べ物を食べるだけのものではありません。
おいしく食事をし、話し、笑い、充実した毎日を送っていただけるよう、最高の技術と経験によりお口に合ったしっかり噛める入れ歯を提供いたします。

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯(パーシャルデンチャー)
保険の部分入れ歯
部分的に歯が連続して抜けてしまい、ブリッジが不可能な場合は部分入れ歯(パーシャルデンチャー)になります。
保険の入れ歯の他には、固定する金属のない入れ歯、磁石で固定する入れ歯などがあります。
健康な歯が1本でも残っていることが条件となります。

総入れ歯(フルデンチャー)
保険の総入れ歯
その名の通り、歯が全てない方が用いる入れ歯です。
歯ぐき(顎堤)で入れ歯を支えるため、より安定感のある入れ歯つくりの技術が必要とされます。
新しい入れ歯は、顎の骨の形状によって不具合や痛みを感じることがありますので、一般的には2~3回の調整が必要になります。

保険でつくる入れ歯(義歯)

保険を適用してつくる入れ歯には、材料や構造に決まりがあります。
部分入れ歯の場合は、レジン(プラスチック)でできた床という土台の上に歯を並べ、それを金属のバネで固定する仕組みになります。
総入れ歯はレジンでつくるため若干厚みがあります。
どちらの入れ歯も安価なことが最大のメリットです。

レジン床義歯
従来からあるもっとも一般的な入れ歯です。
厚みからくる違和感や熱の伝わり方からくる食感などの制約がありますが、もっとも経済的な入れ歯です。

アクリショット床義歯
熱可塑性を持つレジン(プラスチック)が素材の入れ歯で保険が適用できます。
従来のレジン床義歯に比べて約2倍の強度があり、プラスチックアレルギーの起きにくい入れ歯です。
レジン床義歯より多少費用がかかります。

保険の入れ歯の長所と短所

保険の入れ歯の長所

保険が適用できるため安価

破折することがあるが、修理が簡便


保険の入れ歯の短所

プラスチックのため厚みがあり、異物感が強い

厚みがあり、発音しにくくなる

破折することがある(プラスチック部分に金属を埋めて、ある程度の補強はできます)

長期間の使用により変色や磨耗が起こる

口を開けると金属のバネが目立つことがある (部分入れ歯)

食感や熱の感覚が鈍い (総入れ歯)

同じ費用負担でより良い入れ歯を作るために

当院は、必要に応じて個人トレー作製、筋圧形成を無料で行っております。

個人トレー
より良い入れ歯を作る個人トレー
患者さんそれぞれのお口に合わせた、型取りのトレーです。
入れ歯を作るため、お口の中の型取りをする時に使います。
これを作製し精密な型取りをすると、より適合が良く、落ちにくい入れ歯を作製できます。

通常は、誰にでも合う大きなトレーで型取りをして終わります。
当院では、あなた自身に合わせたトレー(個人トレー)を作り、より精密な型取りをします。

個人トレーを作製し、必要に応じて筋圧形成を行っております。

筋圧形成
入れ歯の端の部分、歯茎と頬の境の精密な型取りです。
入れ歯は入れるだけでなく、お食事で使うものです。
食事で動いたり、会話の最中にはずれないように行うのが筋圧形成です。

これらのことを行わなくても、入れ歯は作れます。
しかし患者さんの費用負担を増やすことなく、
「より良い入れ歯」を作る為に必要と考え、当院は無料で行っております。

自費でつくる入れ歯(義歯)

イカもウナギもアンコウも同じように食べられる入れ歯はいかがですか?
保険の入れ歯が持つさまざまな問題を、材質や構造などを改良することで解決した入れ歯です。
保険の制約がないため、見た目(審美性)や口腔機能の重視など色々な工夫がなされた入れ歯があります。

当歯科医院では、自費の入れ歯も保険の入れ歯もできるだけ精密に歯の型を採り、患者様に喜んでいただける入れ歯つくりに励んでおります。

ぴったり密着!金属床義歯(自費の入れ歯)

金属床義歯
保険の入れ歯は床がレジンのため、厚みを出して強度を確保しなければなりません。
それに対して、金属床義歯は強度に優れた金属を床に用いるため、とても薄い入れ歯をつくることができます。

密着性に優れ、ぴったり装着できるため、食事がしやすく会話も楽になります。
金属の優れた熱伝導率により食べ物の温度を瞬時に感じることができ、食感も楽しむことができます。
また、金属は雑菌や汚れがつきにくいため、衛生的にも優れた入れ歯です。

部分入れ歯 チタン床義歯総入れ歯 コバルトクロム床義歯

金属床義歯で用いる金属

コバルトクロム合金

入れ歯の材料として、古くから使用されてきた金属で信頼と実績では一番です。
保険の入れ歯の約1/4ととても薄い入れ歯ができ、丈夫で快適に長期間使用できます。
金属アレルギーの方には使えませんが、金属床としてはもっとも一般的な金属です。

白金加金合金

生体親和性に優れ腐食に強い金属で、金属アレルギーの心配もほとんどありません。
伸びが良いため加工しやすく美しい入れ歯がつくれます。

チタン合金

生体親和性に優れ、人工関節など体内に埋め込むこともできる体に優しい金属です。
コバルトクロム合金の約半分という軽さでありながら、同じ薄さの入れ歯をつくれることが特徴です。
軽くて丈夫で、金属アレルギーの心配もほとんどない最良の入れ歯ができます。

目立たない部分入れ歯!ノンクラスプ義歯(自費の入れ歯)

一般的に部分入れ歯は、金属のバネ(クラスプ)を歯にかけることで、入れ歯を維持し安定させます。しかし、そのバネが見えてしまうと入れ歯であることが分かってしまい、それが見苦しいと気にする方もおります。

そのような方にお勧めなのがノンクラスプ義歯です。
ノンクラスプ義歯は弾性を持ったジェットカーボ樹脂が材料の入れ歯で、バネを使用せずに入れ歯を固定でき、軽くて薄く、舌触りの良い快適な入れ歯です。
歯ぐきに同化するため入れ歯と気づかれにくく、金属アレルギーの心配もありません。

メタルレスト
入れ歯が歯ぐきに食い込む場合は、メタルレスト(沈下防止)を付けることにより、快適にご使用いただけます。
ノンクラスプ義歯
金属床と組み合わせることで、丈夫で目立たない部分入れ歯も実現できます。
ノンクラスプ義歯の治療例
ノンクラスプ義歯の治療例ノンクラスプ義歯の治療例

スマイルデンチャー(自費の部分入れ歯)
ポリアミド系樹脂が素材の固定するための金属バネのない部分入れ歯です。
フィット感良く安定して使用でき、入れ歯であることもほとんど気づかれません。
非金属のため金属アレルギーの心配もありません。

大きな義歯の場合は、弾力が大きいことから、外から見えない内側に金属補強をして、噛みごたえを良くします。
金属アレルギーの心配のない金属も使用できます。
損失歯8本の上顎部分入れ歯の比較

損失歯8本の上顎部分入れ歯の比較

正面から見比べると、スマイルデンチャーの見た目の良さがわかります!

スマイルデンチャーC+ − 多数歯欠損の部分入れ歯
多数歯欠損の部分入れ歯の場合も補強する金属を内側に施します。
そのため、目立つようなことはありません。

磁力でしっかり固定!マグネットアタッチメント義歯(自費の入れ歯)

マグネットアタッチメント義歯
入れ歯が安定しない・・・
口の中で入れ歯が動いてしまう・・・
などと、入れ歯の不具合でお悩みの方は大勢おられます。

マグネットアタッチメント義歯は、入れ歯の土台となる歯根に金属(キーパー)を埋め込み、入れ歯側に超小型磁石を取り付けた入れ歯です。
強力な磁力がガタつきを抑え、歯が少なくても十分な維持を得ることができます。
磁力で維持させることから、金属のバネもいらず、見た目の良い入れ歯ができます。
金属床義歯などとの併用も可能で、抜群の固定感を得ることができます。